塗鈑瓦屋とは

職人だからご提案できる、本当にお客様目線の会社です

塗鈑瓦屋の社員は全員が職人です。今までの下請としての経験を活かしお客様にとって何が最善なのかを考えていました。
職人としての目線から、もっとお客様の家にとってより良いものをお得に提供できるのではないかとの志のもと立ち上げた、お客様目線の会社です。

お客様と職人が直結するからできることがあります

塗鈑瓦では下地が傷んで保たないようなものは交換、及び張替えのご提案ができます。(雨どい、木部、鈑金、外壁材)
また、無理に取替えの必要のないものは調整、及び塗装などご提案できます。
内容ごと、いろんな所に見積りを取る必要がありません。(全て自社でできるため簡単かつお得です)
小さな工事でももちろんOKです。

Point1

職人による専門診断が可能です
※屋根に登って確認します(ハシゴを持って伺います)

Point2

どの仕事も材料の買いつけもすべて自社職人で行います

Point3

他社様の見積りがある場合、同額でグレードアップした工事ができます

Point4

お家にぴったりな工事をご提案できます

職人による専門診断

見積り前に本当に大切なのが家の診断です。
この外壁は塗装で良いのか、それともサイディングを張った方が良いのか。瓦の収まりは良いのか。雨どいの水の流れは良いのか…。
いろいろな危険サインを感じて診断をしなければいけません。
塗鈑瓦屋では、その家が本当に必要な診断を実施させていただきます。
※屋根に登っての診断です。

塗 装

  • 外壁のサビや汚れ
  • コーキング破損
  • 適した塗料の選別
  • 塗膜の撥水性

鈑 金

  • サイディングの痛みや割れ
  • 雨どいの水の流れ
  • トタン屋根
  • キリヨケの劣化

  • 雨漏れ確認
  • 割れ瓦やズレ
  • 棟のモルタル確認

ひとつの会社ですべて対応

ひとつの会社ですべて対応できるので、施工費を安く、お家をグレードアップすることができます!

たとえば外壁塗装工事では、サイディングの傷んだ所は塗装ではなく張り替えたり、サイディング張りでは、各部塗装(軒天破風)をお安くできたり、屋根葺替工事では、雨どいを交換したり…と、お家に合ったいろいろな組み合わせをご提案いたします。

塗 装

  • 外壁の塗装
  • シーリングの打ち直し
  • コロニアル・モニエル屋根塗装
  • セメント再生塗装
  • 木部・鉄部 各種塗装

鈑 金

  • 外壁、サイディング張り装
  • 雨どいの交換・屋根トタン葺替え
  • 雪止め・アングル取付け
  • 破風板の鈑金包み

  • 瓦の葺替え・雨漏れの補修
  • 棟のモルタル補修
  • 雪止め瓦・金具の取付け
  • 瓦の割れ・瓦のズレ補修

本当にワンストップ施工なので簡単!お得!

ワンストップをうたっている業者でも、結局は間に工務店や代理店などが入ってしまい、中間マージンが発生してしまったり細かい要望などが伝えきれなかったりするケースがあります。

塗鈑瓦屋は、本当のワンストップ施工です!

本当にワンストップ施工なので簡単!お得!

塗鈑瓦屋では施工を行う職人が直接お客様にご対応し、ご契約〜完工まで完全一括体制!

自社職人が施工します

ご契約〜完工まで、完全自社での体制です。

全て自社で工事

塗装・鈑金・瓦の全てが自社で揃っているため、工事の無駄がありません。

営業マンはいません!

塗鈑瓦屋では直接職人がお客様に伺います。過度な営業経費を含みません。

会社概要

会社名株式会社 湧蒼塗装研究所
代表本田 素彦
所在地
  • 新潟店
    〒950-0872 新潟市東区牡丹山1-33-11 (スミピタ店内)
  • 新発田店
    〒957-0052 新潟県新発田市大手町4-3-26
  • 資材部
    〒957-0017 新発田市新富町3-7-21
  • 鹿嶋店
    〒311-2204 茨城県鹿嶋市下津字下山273-63
代表TEL0120-47-1085 (ヨイナトバンガ)
事業内容一般住宅再生専門会社

代表挨拶

本田 素彦

塗鈑瓦屋代表 本田 素彦

私たち「塗鈑瓦屋」のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
塗鈑瓦屋の本田と申します。

聞き慣れない社名だと思われますが、「塗装職人」「鈑金職人」「瓦職人」が在籍する、塗鈑瓦屋と書いて「トバンガヤ」と読みます。
塗鈑瓦屋は、私を含め職人が、必ずお家の診断も確認し、工事も施工する。そんな職人集団の会社です。
職人会社というところに大きくこだわりを持ってやって来ました。

お家の外壁材や塗料は、私が職人になりたてだった頃に比べて、耐久性や性能がものすごく格段にグレートアップしています。
サイディング材だと、錆びにくく劣化しづらく、30年耐久塗料や遮熱塗料、軽量瓦に劣化しづらい防水シート、塗料もサイディングも屋根瓦もメーカーの努力により、30年前には信じられない程の進化を遂げた業種だと思います。

しかし、メーカーがいくら素晴らしい材料を作ってくれても、工事する職人に材料の知識や経験が乏しく、適切な工事がなされなければ、商品の耐久性や機能は大きく半減してしまいます。
塗鈑瓦屋では、職人診断を入念に行い、自社職人と会社で工事内容を共有し、キレイに長持ちをモットーに塗鈑瓦クオリティーの向上に力を入れています。

たくさんいる、他社の施工ライバル会社と競争することだけではなく、塗鈑瓦屋ならではのサービスやアフターフォロー、そして職人目線の見積もりと塗鈑瓦クオリティーの安心をお客様にお届けしたいと思っています。